“世界を騙せ”『STEINS;GATE 0』レビュー16【盟誓のリナシメント】

“紅莉栖”エンドです。といっても恋愛的なエンドではなく。“紅莉栖”との別れという意味合いなのかもしれません。

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

『二律背反のデュアル』でかがりの記憶を上書き。世界線が変わった。そこはラボ。岡部は紅莉栖やおなじみのラボメン7人と円卓会議をしていた。だが、この楽しい日常は現実でははく岡部の記憶の中の世界だった…。

『盟誓のリナシメント』シナリオまとめ①(長文です)

2016-01-24-172410

1.かがりの記憶上書きを実行したことで、世界線が変わった。

2.岡部の回想。ラボには紅莉栖はじめ、おなじみのラボメン7人がいた。

3.夢から覚めた岡部。彼は見知らぬ暗い部屋に寝かされていた。

4.部屋を出て屋外に出ると、廃墟と化した街を目撃する。

5.武装した男達に襲われたが鈴羽に助けられる。

6.鈴羽に連れられ向かった施設には中年化したダルがいた。

7.時は2036年。戦乱の渦中。岡部は2011年1月までの記憶しかない。

8.2011年1月に取った岡部の記憶データがどこかに消えてしまった。

9.2025年、紅莉栖のノートPCはストラトフォーの手に渡っていた。

10.PCのロック解除ができなかったストラトフォーは岡部を捕まえた。

11.タイムマシン理論を聞きす為あらゆる手を使われ岡部は心を壊された。

12.2025年確定したという岡部の死は精神の死だった。

13.救出された岡部は、眠った状態で2036年までまゆりらが世話をした。

14.半月前に、岡部の記憶データ発見、上書。25年を経て目覚めた。

15.オカリン復活の報を聴き喜ぶまゆりたち。今からこちらに来るという。

16.偽の情報に騙され、襲撃。まゆりとフェイリスを守り、るか死亡。

17.過去の岡部の伝言紅莉栖を『Amadeus』から開放してやってくれ」

18.『3000回』のタイムリープを繰り返し2011年まで戻る岡部。

19.記憶がデジタルの自分は人間か?と悩む岡部。漢らしく励ます真帆。

20.実際に2036年の悲惨な世界を自ら経験し、岡部はやる気になる。

21.今までの不甲斐ない自分にケジメをつけるため鈴羽に殴ってもらう。

22.鳳凰院凶真、超復活真帆『009』かがりを『010』に認定。

23.第三次大戦の回避、確定した未来を粉砕する!とラボメン達に宣言。

“確定”していなかった死

2016-01-19-202438

世界線が変わった後、ラボの夢から醒めたオカリンが目を覚ますと何と、25年もの
年月が経過していた…。
今は2036年。第三次世界大戦は終わったものの、50億人
以上が犠牲になり、東京の人口も1/10にまで減少していた。

前作からβ世界線のオカリンは2025年の死が“確定”してると言われてましたが、
全部ダルのウソでしたー!っていうお話。鈴羽すら騙されていた。2025年に
ストラトフォーの拷問にかけられ、精神を破壊されたオカリンは、

2036年までずっと眠ったままだった。ようやく目覚めた岡部が見た世界は、無惨な廃墟と化した秋葉原の街だった。40代になったダルに再会する岡部。
彼は過去の岡部から預かった伝言を伝える。
紅莉栖を『Amadeus』の呪縛から開放してやってくれ       

「私のことを“真帆”って呼びなさい」

2016-01-24-180823

3000回にも及ぶタイムリープで2036年から2011年に帰って来た岡部。かつての
“狂気”のマッドサイエンティスト』の名は伊達じゃないですな。そんな岡部は、
タイムリープの際に、記憶がデジタルデータに変換されたため、俺は俺なのか?

自分は人間といえるんだろうか?と思い悩む。相談に乗ってくれる真帆。まず、
AIにも感情があり、感情を持ったAIは人間と同じだと言う。真帆が作った『Amadeus』“紅莉栖”は明らかに感情がありますしね。

そもそも、個人を個人足らしめてるのは記憶であり、たとえ一度デジタル化しても、自分の記憶と体を持つ岡部は、まぎれもなく人間。「心配いらない」と力強く岡部を励ます。やだ…この真帆たんイケメンすぎる…。

また、岡部が帰国する前に真帆の力を借りたいと頼むと、条件があると言う。
一つはタイムマシンの調査。もうひとつは            
「あなたの事を“オカリンさん”って呼ばせてもらう。それと、私のことは“真帆”と
呼びなさい」
と、お姉さん的な口調で話す。真帆はオカリンより年上ですしね。

“鳳凰院凶真”の再起とラボの結束 –Re-Awake

2016-01-19-210428

2036年のこれ以上ないくらいの悲惨な世界を目の当たりにした岡部は、
第三次世界大戦を絶対に回避しなければ、と強く思うようになる。
ともすれば弱腰になってしまうヘタレな岡部。

自らを奮い立たせるため、今までのケジメをつける為にも、鈴羽に一発
殴ってもらうオカリン。手加減無しの鈴羽のグーパンで吹っ飛ばされる。
「大丈夫!?オカリン」まゆりや皆が心配そうに岡部を見やると       

「フフフ…」「ククククク…」「フゥーハハハハハハハ!!!!」
「オカ……リン…?」「違うぞ まゆり…!」
「我が名は…鳳凰院(フォーウォーイン!!)凶真(キョウマ)だッ!!!」

凶真!?凶真が復活したニャ!」「おかっ…凶真さんっ!
鳳凰院復活で大喜びするまゆり、ダル、フェイリス、ルカ子。
ルカ子に持って来させた白衣を身にまとい、颯爽とポーズを決める。

「そうっ!これこそが我が『白銀(しろがね)の聖なる鎧!』
「“鳳凰院凶真”は永い眠りから蘇ったのだ!!バサァッ!!」

2016-01-19-204155狂喜のまっどさいえんてぃすと”さんなのです」
違うw まゆしぃは『狂喜』だと思ってたのか…流石だw

「“古の錬金術師(アルケミスト)”の生まれ変わりでもあるのニャ!」

全然違うw 相変わらずのフェイリス節である。
清心斬魔流”の師範でもあるんですよ!」
合ってる。岡部の厨二設定を律儀に覚えてるルカ子は本当に真面目だなぁ。

鳳凰院凶真は初めて見る真帆たち3人「うわぁ……」という顔でドン引きする真帆。
きょとんとするかがり。鈴羽も困ったような顔をする。
「おい!そこの“ロリっ子ォ”!!!「…ん?」「お前だ、お前」


2016-01-19-195740▲どうみてもロリっ子です本当にありがとうございました。合法最高!!

STEINS;GATE 0【盟誓のリナシメント】より

「ここで“ロリッッッッ子”!と言えばお前しかいないだろう!」“ロリっ子”の言い方がww 溜めすぎw この芝居がかりまくったウザいしゃべり方はまさしく鳳凰院・凶真やったよ!僕らのオカリンが還ってきたんだ!!

「だぁーれがロリっ子よ!誰が!!」岡部が鳳凰院モードをさらけ出したので真帆もキレた時の紅莉栖みたいなリアクションをするのだった。やっちまったな……。真帆の前ではまともな紳士大学生で通してたのに。そして真帆を強引に“No.009”に認定する岡部。かがりはNo.010(ゼロイチゼロ)に迎える。(004の紅莉栖は不在、005の萌郁は保留。)

「俺たちの目的は予定された未来の粉砕!」そう岡部はラボメン達に告げる。彼らがいるβ世界線では、第三次世界大戦により50億人以上が犠牲になってしまうシナリオが確定している。この収束という“世界の支配構造を覆す”ために再起し鳳凰院凶真。そしてついに結束した“8人のラボメン”たち。

2016-01-19-195723

紅莉栖と萌郁はいないが、前作よりずっとラボの結束力が強くて熱い。果たして
岡部は確定した悪夢のような未来を覆す事はできるのか!?

第3次世界大戦を防ぐ足がかりとして、まず争いの種である『Amadeus』の記憶データと紅莉栖のノートPC及びハードディスクをこの世から葬り去らなければならない。

『盟誓のリナシメント』シナリオまとめ②(長文です)

24.世界線変動の原因となるノートPC『Amadeus』を消す必要がある。

25.紅莉栖のノートPCとハードディスクは破棄するよう真帆を諭す。

26.真帆の『Amadeus』アクセス権消失、ダルが大学にハッキング。

27.そこには厳重なロックがかかった『Memory』というフォルダが。

28.ストラトフォーにもクラック。記憶移植の人体実験のレポートを発見。

29.『Memory』のフォルダのロックを突破するのに半日を要する。

30.スマホ『Amadeus』アプリは無事。繋げるとこちらの位置は筒抜け。

31.真帆と岡部のスマホに“紅莉栖”を騙す人口無能アプリを仕込む。

32.鈴羽らが、スマホを持ち都内を移動。“紅莉栖”に繋ぎ、場所を通知。

33.紅莉栖のPCは岡部と真帆が所有という情報を流し、連中に探させる。

34.この方法で、ハッキングしている間ストラトフォーの目を逸らす。

35.かがりは、顔が割れているので、由季と一緒にダルの隠れ家に避難。

36.紅莉栖を消す前に、最後に話をする岡部。また会おうと告げる。

37.人体実験のレポートからかがりがモルモットにされた記録が見つかる。

38.かがりが出て行ったと由季の連絡。特定の音楽で動く洗脳をされてた。

39.岡部に連絡。謎の連絡主は、明日、かがりとノートPCの交換を要求。

40.かがり救出のため、岡部と鈴羽は先に乗り込む。場所は電機大の地下。

41.アジトは11号館の地下。潜入経験のある鈴羽が部屋を突き止めた。

42.ドアノブを銃で破壊。更に奧の部屋にレイエス教授が待ち構えていた。

43.椅子に座り、機器を頭に付けられているかがり。呼んでも反応がない。

44.ダルがロック解除する間、時間稼ぎのために鳳凰院を演じる岡部。

45.レイエスは『DURPA』の軍人。抑止力にタイムマシンが必要と言う。

46.紅莉栖の記憶をかがりに、ダウンロード開始するレイエス。

47.鈴羽が突っ込むが肩を撃たれる。レイエスがキーボードを叩く!

48.なぜ?ダウンロード失敗。レイエスが混乱している隙にかがり救出。

49.レイエスが銃を構えるが、鈴羽がレイエスの銃を撃ち落とす。

50.かがりを奪取されたレイエスは自分に紅莉栖の記憶の移植を試みる。

51.ダルが記憶データ削除に成功。レイエスには空の記憶が上書きされる。

52.数日後、『Amadeus』を消したが今回は世界線は変わっていない。

53.世界線変動は、紅莉栖の理論を手にした輩が過去改変をした為

54.第三次大戦は確定のまま、だがシュタインズゲートへ一歩近づいた。

55.メンバーを追加した新ラボメンバッジを全員にプレゼントする岡部。

56.2011年12月。研究室の後処理に追われていた真帆が久々にラボに。

57.タイムリープマシンにメール機能を追加した。名付けて『D-RINE』

58.『Dライン』は、SERN含めどこにも補足されないようダルに頼んだ。

59.2025年の岡部の死は確定してなかった。世界に騙されていた。

60.世界を騙す事で確定した未来を回避できるのでは?と仮説を立てる

61.その為に、過去からやり直す。『オペレーション・ヘルヘイム』実行!

62.『Dライン』送信!「世界を騙せ、可能性を繋げ、世界は欺ける」

“紅莉栖”の意思

2016-01-24-104902

モーツァルトの『魔笛』を流した街宣車を街中に走らせることで、この曲で操れるよう洗脳されたかがりを呼び寄せたレイエス達。以前のシナリオで、かがりを
狙う仮面の襲撃者が『K6205』と口に出していたり、

かがりの記憶データのファイル名が『K6205』だったのは、かがり用の洗脳音楽がケッヘル番号620の魔笛だったからなんですね。ようやく納得した。

今度はレイエス教授によって、かがりに紅莉栖の記憶がダウンロードされそうに
なる。レイエスが、キーボードを押すが何故か記憶データは上書きされない。
「まさか…こいつ!」ってレイエスさんが叫んでましたが、“紅莉栖”の事を言って
たんですね。彼女はかがりに害を及ぼさないよう、記憶上書きを阻止してくれた。

そして、かがりの紅莉栖化に失敗し、人質も奪還された上、鈴羽によって銃を
撃ち落とされて、窮地に陥るレイエスは“紅莉栖”に向かって語りかける。
「『Amadeus』(あなた)もかがりじゃなければいいんでしょう?」

最後の手段とばかりに、自分自身に紅莉栖の記憶のダウンロードを強行するも、ダルがレイエスより早く『Amadeus』削除に成功!空のデータが上書きされ、哀れ…全ての記憶を失い、抜け殻になってしまったレイエスさんであった…。

“ラボメンバッジ” Ver. ZERO

2016-01-24-110038

紅莉栖の記憶データを巡る騒動は解決した。まだやることはあるが、ひとまず岡部はラボメンたちへのねぎらいか、新しく作り直したラボメンバッジをプレゼントする。よくよく考えるとオーダーメイドピンバッジを友達に配るのって、とても粋な心遣いですよね。そりゃ真帆たんも鈴羽もイチコロになるね。

前作の8人に加え、3人の名前のイニシャルが追加されてます。イニシャルの“H”No.009『比屋定真帆』“S”No.010『椎名かがり』“A”No.011『阿万音由季』11までラボメンNo.が増えましたが、紅莉栖は死去。萌郁はラウンダーなので岡部が外している。だから実質は9人。ただダル嫁こと由季がラボメンってのは少し意外でした。

OPだと真帆と同列でラボメンっぽい扱いだったけど、本編では日常担当で由季にはタイムマシン関係の秘密は教えてないですし、ミッションの蚊帳の外って印象が強い。まゆりルートに至っては由季は別人だし。

このバッジ、冬コミで先行販売してましたが、行けなかったので一般リリース(あるのか?)が待ち遠しいです。2016夏コミで販売するとのことです。

“世界を騙せ”

紅莉栖のノートPC及びハードディスク、『Amadeus』を完全に破棄したことで、
これらが悪用される未来は消滅した。だが依然として第三次世界大戦が起こる
未来は“確定”したままだ。

第三次大戦を防ぐために未来から来た鈴羽やかがりがラボにいることが、
その証拠となっている。やっぱり2010年の7月28日に跳んで紅莉栖を助けないと『シュタインズゲート』には到達できない。とはいえ、普通にやっても紅莉栖の
死は世界線の収束によって防げない。中鉢論文がロシアの手元にあるのも問題か。

岡部いわく、「自分の死は2025年に“確定”していると世界に騙されていた」
ならば、逆に世界を騙す事で確定した未来を回避できるのでは?という仮説に辿り着く。その具体的な方法を探すため過去に戻ってやり直す事にした岡部。

2016-01-24-183358

この辺のくだりは『アマデウス』の歌詞にありますよね。
「無限回の推論がノイズ吐き出して」→世界を騙す方法を見つけるため、時間を遡って無限回のトライ&エラーを繰り返す。タイムリープマシンがありますからね。困難な道だけど、必ずやり抜くと盟誓を立て再起(リナシメント)した鳳凰院凶真ならやれるはず。

「神さえも欺くロジック」→収束を回避する抜け道。
「約束のあの場所へ」“シュタインズゲート世界線”
サビの「宇宙もまだ知らないゼロのゲート」これは未だによくわかりませんが、
【トゥルーエンド】までやればわかるかな?

ここで新ガジェットDライン登場。過去にメッセージを送って【SERN】
エシュロン
に補足されると、一瞬でα世界線に逆戻りしてしまい、紅莉栖を犠牲にした意味がなくなるので、絶対に見つからない送信システムをダルが開発した。

「世界を騙せ、可能性を繋げ、世界は欺ける       メッセージ送信!
これを過去の岡部が受信したことで、『交差座標のスターダスト』の世界線に
繋がるってことですね。

以上『盟誓リナシメント』のレビューでした。

EDテーマは『ライア』なるほど!“世界を騙せ”で終わるから【liar】
(嘘つき)か。“紅莉栖を犠牲にしてまゆりを助けた事を彼女には内緒にする”
という優しい嘘の事だと思ってましたが、ダブルミーミングだったとは…!