「天気の子」の「あらすじ」「声優」は?「君の名は」越えなるか?

社会現象になるほど大ヒットした「君の名は」を手がけた新海誠監督の新作「天気の子」が劇場公開されることが発表されました!公開日は2019年7月19日。

 

新海監督の「君の名は」は美しい映像と心を掴むストーリーでアニメファンのみならず日本中の方を魅了しましたし。歴代邦画の興行収入4位という偉業を達成しておられます。

というわけでこのような大実績のある新海監督の新作は非常に気になりますよね!

スポンサーリンク

天気の子 基本情報

【基本情報】
タイトル:「天気の子」Weathering with you
■公開日:2019年7月19日
■原作・脚本・監督:新海誠
■キャスト
・醍醐虎汰朗/森嶋帆高
・森七菜/天野陽菜

あらすじ

STORY

「あの光の中に、行ってみたかった」

高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。

「ねぇ、今から晴れるよ」

少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。
それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――

引用元:https://tenkinoko.com/

公式サイトのあらすじを読みました。面白そうじゃないですか!

公式のあらすじからわかること。

  • 主人公の醍醐さん演ずる帆高は高校生で離島から上京する
  • 帆高は東京で「オカルト雑誌のライター」の仕事をしていた。
  • 森さん演ずるヒロインの陽菜は弟とふたり暮らし。
  • 陽菜は雨空を晴れへと操作する能力がある。
  • 帆高と陽菜の出会いが物語のターニングポイント

 

天気を「祈りで晴れにできる」というということは、雨乞い師の逆ですね。晴れるように祈ることを「晴れ乞い」と言うそうです。

晴れ乞い

読み方:はれごい

雨が降るように祈る「雨乞い」とは逆に、晴れるように祈ることを意味する語。京都の貴船神社での神事のように、日本では呪術・宗教的行為として晴れ乞いが行われていた例が知られている。より身近な例としては、「てるてる坊主」が晴れ乞いのまじないの一種と言える。

引用元:https://www.weblio.jp/content/%E6%99%B4%E3%82%8C%E4%B9%9E%E3%81%84

雨乞い師ならぬ“晴れ乞い師”の陽菜というわけです。君の名はと同じくファンタジー要素があるようですね。

 

またこちらの記事で

今作のテーマは「天気・空」。天候の調和が狂っていく時代に運命に翻弄される少年少女が自らの生き方を「選択」する物語。

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2125385/full/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=jstw003

 

「先行きの見えない時代に、主人公とヒロインが生き方を選択する」とあるように、壮大なファンタジー要素を交えつつも若者が頑張って未来を切り開いていくという普遍的な主題のシナリオになりそうです。

 

ファンタジーであっても主題が普遍的だと万人に共感してもらいやすいのでこれはヒット要因となりえますね。

「天気の子」のタイトルに込められた意味は?

あらすじを読む限りだと「天気の子」は雨空を祈りで晴れに変えることができるヒロインの陽菜ですね。陽菜は“晴れ乞い師”かもしれないし、超晴れ女かもしれません。

祈りで天気操作とは……これは壮大お話になることは間違いないようです。

 

ちなみに「天気の子」の副題に「Weathering with you」とありますが、意味は直訳で「あなたと風化」になってしまいよくわかりません笑

 

「天気の子」=陽菜はちょっと考えれば誰でもわかることなので、もしかしたらミスリードかもしれません。あるいは、「天気の子」というタイトルには作品の核となるもっと奥深い意味が込められていると思われます。

スタッフ・キャスト

原作・脚本・監督:新海誠

監督は当然新海誠さん。監督でありながら、原作・脚本も手がけるため作品としては安心感がありますね。監督と脚本の意図がズレたりすると作品としてはちぐはぐになっちゃうので、そういう意味で安心して見られそうです。

新海監督の代表作は以下。

  • 2002年『ほしのこえ』
  • 2004年『雲のむこう、約束の場所』
  • 2007年『秒速5センチメートル』
  • 2011年『星を追う子ども』
  • 2013年『言の葉の庭』
  • 2016年『君の名は。』

2~3年置きにコンスタントに映画を作られてますね!絶えず作品を夜に出すエネルギーはどこから湧いてくるんだろうな?って思います。

キャラクターデザイン:田中将賀(たなかまさよし)

 天気の子のキャラデザ担当は『君の名は。』『心が叫びたがってるんだ。』と同じく田中将賀(たなかまさよし)さんです。

つまり「天気の子」は「君の名は」と同じ絵柄の映画です!それだけで嬉しい人も多いんじゃないでしょうか。

声優

「天気の子」の主人公とヒロイン役は専業声優ではなく若手の俳優・女優さんがキャスティングされています!

醍醐虎汰朗/主人公:森嶋帆高 役

 

画像引用元:https://twitter.com/oujijiten/media

醍醐虎汰朗さんは芸能プロダクションエーライツ所属の18歳の若手俳優です。2000人のオーディションから「天気の子」の主役に選ばれました。

【醍醐虎汰朗さんプロフィール】
生年月日:2000年9月1日(18歳)
身長:167cm
出身地:東京都
趣味:ゲーム・ゴルフ・ランニング
特技:サッカー・水泳・ボクシング
映画:『セブンティーンモータース』 、『兄に愛されすぎて困ってます』
舞台:『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復活 ザ・キングダム等

醍醐さんは、2017年から映画や弱虫ペダルの舞台で活躍されておられます。ルックスはイケメンでかつ可愛らしいですね。わずか18歳で新海映画の主役の座を止めたのは脱帽の一言。醍醐さんが「天気の子」主演を機に更に人気が高まるのは、ほぼほぼ確定路線ですね。

森七菜/ヒロイン:天野陽菜 役

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BrXUcxrFMb7/

森七菜(もりなな)さんは芸能事務所アーブルに所属する17歳の女優さんです。国民的美少女という風体の森さん。ものすごく可愛いお顔をお持ちでありながら親しみを感じさせる雰囲気も兼ね備えていらっしゃいます。

【森七菜さんプロフィール】
生年月日:2001年8月31日(17歳)
身長:154cm
出身地:大分県(大阪府生まれ)
趣味・特技:動画作り、ピアノ、ダンス
方言:大分弁、関西弁
映画:『心が叫びたがってるんだ』『Last Letter』『地獄少女』
TV:『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』

森さんは2017年からドラマや映画で活躍されており、2019年は「天気の子」ヒロインに抜擢された他、2019年は映画『Last Letter』と『地獄少女』ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』への出演が決まっており、2019年ブレイクが予想される女優さんです!

森さんの場合はドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』が2019年1月に放送されるため「天気の子」が公開される7月にはすでに有名になっているかもしれませんね!2019年は森七菜の活躍から目が離せないかも!

まとめ

  • 新海監督の新作映画「天気の子」は上京してきた高校生の少年と祈りで空を晴れにできる少女が織りなす壮大なボーイミーツガール。
  • キャラクターデザインは「君の名は」と同じ田中将賀さん。
  • 声優に若手俳優でブレイクしそうな醍醐虎汰朗さんと森七菜さんを抜擢
  • 公開は2019年7月19日

「君の名は」と絵柄が同じ。
更にボーイミーツガールが起点。
少女が「天気を祈りの力で晴れにする」といったファンタジー要素あり。

上記のように「君の名は」と共通の要素が見られるため「君の名は」的な感動をもう一度!と思ってるファンの方が喜んでくれる映画になるのではないかと期待しています!

 

一見「君の名は」と似ているようで全く違う映画だった!ということも全然ありえそうですねけどね。僕は面白ければどちらでもOKです!

 

理想は「君の名は」よりも更に泣いた・感動した!という視聴者の声がたくさん寄せられるような映画であることですね。

7月までまだ間がありますが期待して待機しましょう!

コメント