【シュタインズゲート /ゼロ】岡部倫太郎 解説|ゼロでは中二病どこいった?

『シュタインズ・ゲート』と『シュタインズ・ゲートゼロ』の主人公、岡部倫太郎についての解説・コラム記事になります。

スポンサーリンク

岡部倫太郎とは?

パーソナルデータ

  • 初出:『STEINS;GATE 』
  • 声優:宮野真守
  • 年齢:18歳
  • 身長:177㎝
  • 体重:59kg
  • 血液型:A型
  • 生年月日:1991年12月14日
  • 星座:いて座
  • 3サイズ:-
  • 愛称:オカリン、岡部、凶真
  • ラボメンNo:「001」

▲シュタインズ・ゲートゼロ公式資料集より引用

【シュタインズゲート】の岡部「狂気のマッドサイエンティスト」は痛カッコイイ

2015-09-06-210434

本名は岡部倫太郎。通称オカリン。大学生にもなって謎の組織・機関に追われている『マッドサイエンティスト』という設定で妄想をするのが彼の日常です。

いつも見えない敵と戦っているイタ~い青年で陰謀論が大好きマン。

 

自称、鳳凰院凶真(ほうおういん きょうま)。本名で呼ばれると「俺は岡部ではない!鳳凰院凶真だ!!」と訂正する。比屋定真帆曰く「もうその時点で意味がわからないわ…。」

 

基本的に偉そうな態度で他人と接する。やたら芝居がかったセリフ回しがウザい(笑)日常から一人でミュージカルを演じてるみたいな人といえばその恥ずかしさが伝わるでしょうか。

 

岡部は調子にのると人目も気にすることなく

「フゥーハハハハハハハハ!!!!」

ノリノリで高笑いをする。

 

岡部の演技力は半端ではないため、そのエキセントリックな言動が冗談なのか本気で頭おかしいのかわからない事があって困ります。

 

口癖は

「これがシュタインズゲート(運命石の扉)の選択か

この「シュタインズゲート」なるものは岡部の脳内設定です。

 

「シュタインズゲート」は“岡部が考えたカッコいい用語”であり、特に意味はありません。

 

岡部の痛々しい奇行の数々は作中で厨二病(中二病)と呼ばれており牧瀬紅莉栖曰く

「はいはい 厨二病。厨二病。

オカリンの厨二病は最初は痛々しくて、とてもとても直視できませんがシュタインズ・ゲートの終盤からカッコよく見えてくるのだから不思議です。

 

同じ言動のキャラクターが全く真逆の印象に見えるというのはシナリオ構成の巧さが理由です。シュタゲを最後まで見るとオカリン痛いけどかっけえええええ!!!!という境地になるはずです。

 

残念な言動が特徴の岡部ですが、そんな道化のような姿だけが彼の全てではありません。岡部が鳳凰院凶真を名乗るのはそれなりの理由があってのことです。

電話レンジとたった一通のメールがすべての始まり

秋葉原に発明サークル、未来ガジェット研究所(ラボ)を立ち上げて、ラボメンNo.001のリーダーとして、ガジェット開発の日々を送っていた岡部。

 

ある日、電子レンジと携帯電話を繋げた発明品、電話レンジ(仮)が想定していない奇妙な動作をする事に気がいた岡部と相棒のダル。

 

そんな折に秋葉原のラジオ会館である事件に遭遇した岡部。激しく動揺した岡部は事件についてダルにメールで報告する。

 

このたった一通のメールが世界を大きく変えてしまう事になろうとは、当時の岡部は知る由もありませんでした。

シュタインズゲートゼロ】の岡部は中二病を封印したリア充?

『シュタインズ・ゲートゼロ』の岡部は一言でいうと、テンションの低い紳士的な青年。

 

『ゼロ』の岡部は『シュタインズ・ゲート』の11章、アニメで言うと23話途中から別ルートに分岐した存在です。

 

大好きな紅莉栖を救えなかった岡部は激しい後悔とストレスで心を病んでおり1ミリも元気がありません。更に、度々紅莉栖が死を思い出しトラウマスイッチが入ってしまいパニック状態になってしまいます。

 

この病みMAXオカリンは見ていて辛い……。

 

また前作の白衣から一転して黒尽くめの服装をしているのはまるで紅莉栖の死に対して喪に服しているかのようです。

 

ゼロ岡部は前作シュタインズ・ゲートにおいて鳳凰院凶真になりきって調子に乗った結果こんな酷い結果を招いた、と考えているためノリノリで高笑いしていた鳳凰院の厨二病(中ニ病)は見る影もなく封印されています。

 

例の「フゥーハハハハハハ!!!!」はもちろん、やたら芝居がかった台詞回しが消え失せており、暗い感じの青年になってます。

 

▼のプレイ動画でゼロの岡部が喋ってますので聞いてみてください。

誰だお前????状態じゃないですか?

 

あまりの別人っぷりに違う声優さんかと思いましたよ(笑)

 

こんなのオカリンじゃないやい!!!!という声もあるかと思いますし僕も最初はそう思ってました。

 

ですがゼロ岡部は前作シュタインズ・ゲートで時折見せていた優しさや紳士っぷりがいつも出ているので岡部の素の良さが出ていると言えます。

 

岡部が普通にイケメン紳士になってるので紅莉栖のAIであるアマデウス紅莉栖もあまりツンツンしませんし、紅莉栖に似た性格の気の強い比屋定真帆もゼロ岡部には噛み付いたりしません。

 

β世界線におけるクリスティーナ、アマデウス“紅莉栖”については別途記事にしました。

 

痛々しいキャラ作りをしなくても周囲の人達と自然な友好関係を築いていますね。なんというリア充????

元気がないのは可哀想ですが、このナチュラルな岡部も僕は結構好きです。

▼オカリンの曇りっぷりが見たい人はゲームをプレイしましょう(勧め方がおかしい)

コメント

  1. DFGNEXT より:

    ゼロオカリンが従来の髪下ろしオカリンじゃなかったのには少し驚きましたが、盟誓のリナシメントルート等で覚醒するときのことを考えると、髪の毛は上げたままの方で良かったと思いました(アニメなら髪をバッて上げて覚醒ってのもかっこいいとは思いますが、ADVゲームだと立ち絵を増やしてまで効果があるとは思えませんし、あの髪型整髪料だった気もしますし)。

    何より髪下ろし状態だと本気でオカリンと認識できなさそうでw
    まあ、ショタリンは髪下ろしなんですけどね

    • モリミヤ より:

      ショタリンもですし無限遠点アークライトのコミカライズだとオカリンは前髪おろしてますよね。確かにオールバックじゃないと岡部だと認識してもらえなさそうです(笑

      アニメ版ゼロで前髪かきあげて覚醒やったら燃える演出だと思います。
      ただアニメ公式サイト見ると普通にオールバックなので前髪岡部は出てこなそうですね。