WEBで第一話が公開中。幽霊×科学×サスペンス『オカルティック・ナイン』【コミック版 01】感想

DSCN1178

2016年秋にアニメ放送を予定している【オカルティックナイン】4月7日に漫画版が発売されたのでさっそくレビューします。原作ラノベは9人のキャラたちの視点で物語が描かれる群像劇ですが、コミカライズ版は主人公の我聞悠太(がもんゆうた)の視点のみでストーリーが進む所が大きく違います。

ラノベの主人公視点のパートだけピックアップしてつなげてる感じ。したがって話の展開がラノベに比べてサクサク進んで気軽に読めるのがポイント。マンガの1話で小説1巻のラストまで(!)進んじゃいますし。
こちらから1巻収録の第一話「プロローグ」が読めます

スポンサーリンク

漫画『Occultic;Nine』1巻あらすじ(ネタバレなし)

吉祥寺に住む我聞悠太(がもんゆうた)通称ガモタンニート生活を夢見る高校二年生。オカルト系まとめサイト“キリキリバサラ”管理人。最近アクセス数が伸びずに頭を悩ませていた。

彼はいつものように、オネエ系のマスター・イズミンが営む怪しい喫茶店『カフェ☆ブルゥムーン』(店の名前がねっとりw)でブログの更新をしていると、“助手”であるりょーたすこと電波女子高生『成沢稜歌』(なるさわりょうか)が顔を出す。

キリキリバサラの運営スタッフである稜歌は「ぽややー」「ぽんや?」「いししゅ」など意味不明な言語を操るお花畑ガール。例えるならアラレちゃん。胸部にすごいメロンを持つ。何の脈絡もなく踊りだし即興で作った歌を歌い出す。このりょーたすがくるくる回って動く姿はアニメに期待!

オカン原稿

▲マンガ『オカルティックナイン』原稿の展示。5pb.祭り2016より

画像右下のように、可愛くアホの子っぷりを発揮するりょーたすですがどうも何か“知っている”雰囲気がプンプンします。天然っぽい言動は演技でガモタンに何かさせようとしてないか?

アクセスアップのためにりょーたすが強引に取材を提案。(このりょーたすの行動が怪しい)相手は橋上諫征(はしがみいさゆき)教授。橋上教授は幽霊を科学で証明できると説く、TVにひっぱりだこの有名人だ。

このロンゲおじさんはオカルティックナインの一人であるメガネ。橋上サライの父親です。教授の研究室がある成明大学に向ったガモタンは恐ろしい事件に巻き込まれてしまう。

以下ネタバレにつき注意。

ネタバレしたくない方にはこちらの記事をご紹介。

▼アニメ版についての記事。

▼2016年5pb.祭りのオカルティックナインのイベントレポートはこちら

“スカイセンサー”と“ツンデレ少女の声”

悠太の父の形見で、1975年製のレトロなラジオ。DJだった父は生前、自分が死んだら幽霊DJになって悠太に話しかけると言っていたが、悠太がいくらラジオにかじりついても死んだ父からのメッセージを受信することはなかった…。

だから悠太は「幽霊なんているわけない」と固く信じている。そんなスカイセンサーにある日、奇妙な現象が起きる。電源をオフにしてるのに、謎の電波を受信。「このままだ…せかいは…」不可解なメッセージに戦慄するガモタン。その様子を見たりょーたすは「やっぱりガモタンのラジオはすごいねぇ☆」と口にする。“やっぱり”?何がやっぱりなんだ。

更におかしいのは橋上教授が殺害された現場をガモタンが目撃した時に聞こえて来たラジオの音声。「ちょっとそこのマヌケ面!」

「このままだとアンタ、事件の容疑者にされるってわかってんの?」事件の真相を知っていという様子の声の主はペンチで橋上教授の奧の金歯を抜くようにガモタンに指示。間もなく現場に人がやってくる事を知らせて悠太が逃げる手助けをしてくれた。

この声の娘ツンデレだよw 口は悪いけどいい子だよ。でも“りょーたす”でも“女子高生占い師みゅうポム”でもなさそうだけど誰なんだ?同人作家の梨々花や記者の桐子とも性格が違うようだし。10人目のメインキャラ?

散りばめられた謎

橋上教授殺しの犯人は誰?(怪しいのは、同人作家の梨々花、占い師みゅうポムあたり)

②教授が残した血のダイングメッセージ“CODE”は何を意味しているのか?

③ガモタンが橋上教授から抜いた金歯型の鍵は何を開ける為の鍵なのか。そもそも何故カギ付き金歯なんていう奇妙なアイテムが教授に埋め込まれていたのか。

西園梨々花の同人誌。(教授が殺される前“愛する人から歯をえぐり取る”という描写の同人誌を発表していた。事件の起こる事を予め知っていた?)

紅ノ亜里亜(くれないの ありあ)と話している声の主は誰?黒魔術代行屋の彼女は“悪魔”と読んでいたが、ただの亜里亜の妄想?それともまだ登場していない日下部吉柳(くさかべ きりゅう)?PVを見ると亜里亜が吉柳を召喚しているように見える。

ニゴロ事件。これただの集団自殺じゃないですよね。とんでもない裏がありますよね。暗い水の底に沈むたくさんの人間。水中から見上げた水面には月明かりが見える。そのイメージはガモタンが何度も見ている夢。

みゅうポムが亜里亜を占った時も同じビジョンが見えていた。それは妄想ではなく現実に起きた。2016年2月29日。吉祥寺の井の頭公園で池から256体もの遺体が発見されたのだ。

⑦ガモタンのラジオ、スカイセンサーの謎機能。電源オフなのに日本が戦時中だったころの玉音放送を受信したり、謎のツンデレ少女が話しかける声が聞こえてきたりする。

猟奇殺人の犯人を追え!

キリキリバサラの常連の痛いコテハンSARAIは橋上サライだった。“どーも銭形です”からの手紙を読み(おそらくオタク刑事・森塚駿)父が殺された日。教授の研究室をガモタンが訪ねていた事を知ったサライはガモタンに接近。

ガモタンがダイングメッセージ“CODE”のことをサライに話すと、父の書斎にあった書類か何かで見た事があるという。手がかりを探すため教授の書斎へと向かう2人。

ダイイング・メッセージ。毒電波受信ラジオ“スカイセンサー”。井の頭公園の集団自殺。謎だらけの『オカルティックナイン』1巻。これらの真相はどのような形で明かされるのか?今後の展開に期待してします。

コミカライズ【02】は2016年9月7日に発売予定です。このペースだとマンガ2巻で原作2巻を追い越しちゃうのかな?

レビューはこちからどうぞ。