アニメ版STEINS;GATE SP25話 感想

TV未放送のアニメ版25話の感想です。
アニメ24話と劇場版 STEINS;GATE 『負荷領域のデジャヴ』の間のエピソード。
シュタゲに珍しくアメリカが舞台です。
久々にDVDBOXを引っ張り出して視聴し直しました。
本編の後半と打って変わってギャグが多めで笑えます。一応ネタバレ注意。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『横行跋扈(おうこうばっこ)のポリオマニア』

25話のサブタイトルです。ラップみたいですね。OH KO! BA KO!
横行跋扈はわがもの顔で好き勝手に歩き回る事。
『poriomania』(ポリオマニア)は放浪癖、徘徊狂という意味。

一言で言うとオカリンがアメリカで好き勝手やった結果、困ったところを
助手に助けられて、最後は何故かいい感じになっちゃったというお話ですw
あれ?これってシュタインズゲート本編の大筋と一緒じゃね?

アメリカでも自重しない“鳳凰院凶真”

事案①

アメリカの空港で入国審査官に英語で入国目的を聞かれるが
英語がわかないオカリンは酷い英語力を発揮。
「I am Mad scientist !」と返し。
「フゥーハハハハハハハハ!!!!」いつもの高笑い。
アレだな…困ったら何でも鳳凰院で乗り切ろうとするなオカリンは。

事案②

大通りの前でフェイリスと一緒に大声で厨二病演説を披露。
即パトカー来て噴いた。おいおい下手したら発砲されるぞオッカリーン!
そして捕まるのは何故かオカリンだけw

何故、鈴羽がここにいる?

鈴羽らしき人物が車に乗るのを見かけたオカリンですが、
ここにバイト戦士はいないはず。おかしいと思ったオカリンは後先考えず衝動的に
タクシーで追いかけます。やっと危機が去ったのに…と思って気が動転していたのかもしれません。鈴羽自体は全く悪くないし大好きなんですけど。
彼女がいること自体不吉の報せなんですよね。ちなみにオカリンが乗った
タクシーのドライバーはアニメで登場したアキバの露天商ですね。

オカリンが追いかけたこの女性はシュタインズゲートゼロにも登場します。
アニメ25話のオカリンとの出会いは言及されるんでしょうか?
ただオカリンと彼女は初対面だったので、時系列が前のゼロで出会うのはおかしいんですよね。そうなると25話はゲームとはパラレル扱いになるのかな?

追記。そもそも25話とゼロは世界線が違うと言う事を忘れてました…。

2014-02-01-185523

本編中盤以降のシリアスな展開から一転して
おバカなオカリンやユルいラボメンたちとのやりとりが楽しめます。
また、助手とオカリンのイチャイチャが見たい人は必見です。

以上 アニメ版『STEINS;GATE』SP25話の感想でした。

コメント