M1審査員ナイツ塙氏|武智・久保田の失言をネタで注意する人柄が格好いい!

M-1グランプリ2018はルーキー霜降り明星が平成ラストイヤーを優勝で飾るという華々しいニュースの裏でよろしくない事も起きていました。

 

とろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナ武智さんがM-1審査員の上沼恵美子さんに対してかなり失礼な発言をインスタライブで投稿した事についてネットで話題になりツイッター上などで痛烈な批判が殺到しています。

 

久保田さん武智さんの失言について、同じくM-1の審査員の一人のナイツ塙 宣之(はなわ のぶゆき)さんが12月5日にご自身のブログで今回の“やらかし”をネタにしてお二人を注意しておられます。

 

あれ?ナイツ塙ってどんな人だっけ?という方はこちらの動画をどうぞ。ねづっちのとなりにいるスーツのおじさんです。一回はテレビで見たことがある人じゃないでしょうか?

ナイツ塙くんと!
スポンサーリンク

「くぼたけち」“やらかし”をネタで注意する塙(はなわ)さん

画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000128-dal-ent.view-000

<今日の漫才>
ボ:武智くんと久保田くんがやっちゃいました
ツ:お酒に気をつけないといけないね
ボ:来年は心機一転、「くぼたけち」でM-1に参戦するみたいです
ツ:新コンビ結成するわけないだろ!

引用元:のぶたんの「ヤホー」で調べました(ナイツ塙 宣之オフィシャルブログ)

 

塙さん優しいですね!M-1の審査では中立的な立場でわかりやすく的確な審査をしていて印象が良かった塙さん。お笑い芸人らしくやっちゃった二人をネタで注意してるのが好きです。

 

来年は心機一転、「くぼたけち」でM-1に参戦するみたいです

↑このボケには、反省したら「くぼたけち」には心機一転して、またお笑いをやってほしいという意図が感じられます。

 

塙さんのブログを読んだ後に、その飾らない人柄と漫才と漫才師へのリスペクトを感じるM-1審査の言葉が良かったなと今になって思い返しました。

 

下記はM-1グランプリ2018のギャロップに対する審査コメント

塙「ギャロップもスーマラも一緒に、一生漫才をやっていく仲間だと思っているけどM-1四分の一の筋肉を使い切れていなかったという感じ」

漫才に的確な審査をしつつも、ギャロップとスーマラへのリスペクトや仲間意識があって愛のあるコメントだと思います。

 

M-1での良審査っぷりと今回のネタで注意した優しさから、僕の中で塙さんは尊敬する人の一人に加わりました。塙さんカッコいいです!

個人的に「くぼたけち」は、消えてほしくない

久保田さんと武智さんは自信のツイッター上で直接批判リプライが殺到し。かなり非難されています。

ネット上でも干されてしまうのでは?という意見が飛び交っています。

 

僕個人の意見としては、お二人は上沼さんに直接謝って反省されたら吉本でお笑いのお仕事を続けて欲しいというのが僕個人の意見です。

 

お二方ともM-1グランプリの決勝に参加するレベルの類まれなる才能とキャリアを持った芸人さんですから、たった一回の失敗でそのお笑いコンテンツがお茶の間から消えてしまうのは日本のお笑い界にとって損失です。

 

特にスーマラは武智さんのオラつきツッコミと田中さんの気弱キャラが変人に豹変するサイコパスボケの組み合わせが好きですしTVで見られなくなるのはつらいです。

 

人間ですから上司への愚痴を言いたくなることもあるでしょうけど、批判というより個人への悪口をネットで全世界に発信しちゃうのは、ね……。

 

お酒とSNSの組み合わせは危険ですね!お酒で酔っている時にネットでの発信はくれぐれも注意したほうがいいと肝に命じるべきだと思いました。

 

僕もブログ発信をする人間の端くれなので、年末年始お酒を飲んだ後は発信内容について気をつけようと思いました。

 

「くぼたけち」反省したら、戻ってきて。

 

以上モリミヤでございました。最後まで読んでいただいてありがとうございます!

コメント