【コトダマン】ユルハゲモノの攻略方法|★3★4を育てよう

コトダマンの★4のユルハゲモノをノーコンテニュークリアしました。ユルハゲモノ攻略にこの記事をを役立て下さい。

スポンサーリンク

「怠け者・ユルハゲモノ」の難易度

難易度を5段階で評価すると…….

  • ユルハゲモノ初級 ★
  • ユルハゲモノ中級 ★★

 

といった所です。初級は結構カンタンで、トゲブロックを無視しても勝つことはできます。しかし中級はそうはいかず、適当にやっても勝てないので対策が必要になってきます。

ユルハゲモノは★4シズクの進化素材になる

ユルハゲモノはコトの鈴交換所で手に入る水の★4シズクの進化素材になります。

 

シズクは「し」で使いやすい文字ですし、★5に進化でドローされると闇水属性のATKをUPしてくれる良い攻撃バフ持ち!

言葉を作らなくてもドローだけでATKが上がるというのがポイント。これはかなり便利です。

 

水の大陸中級で手に入る同じ攻撃バフのロボ(ヨンリン)はあくまで言葉を作らないといけないのでヨンリンより楽に攻撃力が上がるのは凄い。

 

敵のHPが多い火属性のボス戦では必ずデッキに入れたい高性能キャラです。

【コトダマン】怠け者・ユルハゲモノの攻略のポイント3つ!

ユルハゲモノを倒すのに大事な事は以下の3つ

ポイント1:「がちウォータストーム」のダメージ対策

ポイント2:「トゲブロック」のダメージ対策

ポイント3:★3と★4の木属性のキャラを進化させて使う。

 

下記で詳しく解説していきます。

「がちウォータストーム」の対策

ユルハゲモノが数ターンに1回使ってくる「がちウォータストームじゃい!」これ相当痛いですよね。僕は初挑戦した時4000近いダメージを食らってその火力の高さに吹き出しました。

 

デッキのトータルHPによりますが1万未満のデッキの場合、かなりのHPを削られてしまいます。ボスの火力高すぎだろwwwと。

★4回復コトダマンを複数入れる

「がちウォータストーム」に関しては100%食らうことになるので回復するしかないです。最低でも★4回復コトダマンを2体突っ込んだほうがいいです。

 

僕は★4のコロンと★4のイヤシミズをデッキに組んでユルハゲモノを倒しました。もし排出率の低い5神器のトキの鏡がいたとしても回復役は1体では足りないです。数を増やしたほうがドローされる確率も増えるので。

わざの回復量が少ない場合

★4の回復キャラのわざの回復量って初期状態だと少なくないですか?

説明に

ヒール(中)「HPをかなり回復する」

って書いてあるけどちょびっとしか回復しなかったり。

 

というのも、ヒールの回復量はキャラのATKに左右されるのでわざの回復量を増やしたいならATKを増やすしかないです。とりあえずアゲダマで強化、可能なら進化+ATK超化ですね。

ユルハゲモノ戦でベストヒーラーは木属性

ユルハゲモノ戦では弱点の木属性で攻めるのが定番ですが、最適なヒーラーはトキの鏡や★4のハーブです。上記に書いたようにわざの回復量はATKに左右されるため、木属性のATKを増やすリーダーとくせいによってATKが増やせるからです。

 

リーダーはギル亀ッシュがいたら最高ですね。 ギル亀ッシュは木属性ATK100%UPできますから。

デッキのHPを増やす★5をリーダーにする

回復できるキャラが一人もいない!という場合は、「リーダーとくせい」でHPをUPさせる★5をリーダーにしましょう。初期レアリティ★5がいないなら★4でもいいです。

 

ユルハゲモノの属性は水なので木属性のデッキで闘うのがセオリーですが、★5ミス摂ルティンがいたら最大デッキのHPが2倍になります。

 

★5ヨミドノ狼か★5トキの鏡でもHPは60~40%増えます。とはいえ「リーダーとくせい」によるHPアップだけでは長期戦になるとHPが削られていくので焦りますが、ないよりは良いでしょう。

 

理想的なのは回復キャラ数体+リーダー特性でHPUPですね。

とげブロックの対策

トゲブロックとは?

とげブロックは初期から埋まっている文字ブロックにトゲトゲが設置されたもので、トゲがついた文字の隣で言葉を作るとプレイヤーがダメージを受けるトラップ。

 

とげブロックのダメージ量は結構多くて連続で食らうと洒落にならないので中級からはキチンと対策が必要です。とげブロックのダメージ対策は以下の2つです。

「とげガード」持ちのコトダマンでダメージ無効化

当然といえば当然ですが、とげブロックで言葉を作ってもダメージを0にする「とげガード」を持つコトダマンは必須です。最低3体は入れるといいです。

 

デッキに入っているキャラの強さにもよりますが「とげガード」のコトダマンを入れなかったらかなり苦戦すると思います。

「とげガード」で防御できない場合はあえて「言葉を作らない」

「とげガード」のキャラを何体か突っ込んでも「とげブロック」が設置されたターンに「とげガード」持ちがドローされるとは限りません。

 

「とげガード」がないキャラで「とげブロック」の横にドロップせざるを得ない時は、あえて言葉を作らないように工夫することが大事です。言葉が判定されなければダメージ0なので。

 

しかし、こんな言葉はありえないだろうと思って文字を並べたのに予想外の言葉が成立してしまいトゲダメージを喰らって「嘘だろ????」と叫びたくなることもありますが、

 

予測できない言葉が成立するのもコトダマンの面白い所です。アクシデントも含めて楽しみましょう(笑)

木属性・★3と★4のキャラを育てる

水のユルハゲモノに木属性デッキで挑むのはいいのですが、ただ弱点属性を付くだけではデッキの火力が足りないです。あまりにもキャラの攻撃力が低いと長期戦になってしんどい。

 

あとトゲブロックと「がちウォータストーム」のダメージがかさばって死にます(笑)したがってデッキのトータルの火力を上げる必要があります。

 

つまり★5以外の弱いキャラたちの進化が必要。

 

具体的には★3や★4の木属性コトダマンたちを進化させて★4と★5にしましょう。★3や★4はレアリティが低いといっても育てれば序盤では役に立ってくれます。

 

特に全体攻撃のわざを使うキャラより単体攻撃のわざを使う★3や★4がオススメ。なぜならわざのダメージ量は

 

全体攻撃<<単体攻撃

 

だからです。HPが多いボス戦では単体攻撃や多段攻撃持ちの方が頼りになります。

 

例えば★5ヨミドノ狼のすごわざ(全体攻撃)より★4ミカ桐のすごわざ(単体攻撃)のほうが敵一体へのダメージは多いです。

 

★3や4は★5より進化させやすくて序盤では十分強い。強くてカッコイイ★5ばかり育てたくなる気持ちはよくわかりますが序盤は★3や4を育てたほうが効率がいいです。

ユルハゲモノは★5がいなくても倒せる

▲僕がユルハゲモノを倒した時のスクショです。木属性の★5がいたら倒せるのは当たり前かなと思ってあえて★5を外して挑みました。ラストはギリギリでしたが撃破できました。

 

リーダーは進化後のミカ桐でヒーラー2体と木属性の★3と4で組んだデッキでした。ミカ桐は火力は高いのですが「み」は使いやすくないので「ん」や「し」などでサポートすることが大事です。

 

下記のように「みん~」から始まる言葉を意識するとミカ桐などの「み」のキャラをいくぶんか使いやすくなると思います。

  • みんかん
  • みんこう
  • みんしゅ
  • みんしゅう
  • みんしん
  • みょうじ

 

ちなみに★6にした木のヨミドノ狼をリーダーにした場合でも戦ってみましたがだいぶ楽でした。★5がいるなら使ったほうがラクチンです。

ユルハゲモノをドロップしたけど…誰これ?

 君、写真とちがくない????

倒してドロップすると進化前に戻るのはわかるんですが、進化後のボスの時と見た目違いすぎです。戦ってた時の迫力はどうした。

完全にニートっぽい姿になってるじゃねーか!!!

 

コメント