『2049』公開前!前作『ブレードランナーファイナル・カット』感想

2017年公開の『ブレードランナー2049』を劇場で見る前に予習で前作『ブレードランナー』を視聴したので感想を投稿します。

スポンサーリンク

『ブレードランナー』とは?

概要とあらすじ


▲画像はAmazonリンクです。

1982年に初登場した近未来を舞台にしたサスペンス映画です。物語は2019年のロサンゼルスから。宇宙に移民を進めた人類は宇宙植民地で【レプリカント】と呼ばれる人造人間に過酷な労働を強いていた。

脱走し地球へ潜伏した4人のレプリカントを処分するため、レプリカントハンターのデッカードが捜査に乗り出す。

ちなみに本作は『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』という非常に有名なSF小説が元になっています。

映像の特徴

『ブレードランナー』の世界はサイバーなロサンゼルスの都市の進化ぶりと反比例するように環境汚染が進んでおり、ずっと屋外は曇り空でしょっちゅう酸性雨が降っている。

太陽光が雲に覆われているため画面がずっと暗くブルーっぽい画が多いです。未来都市はファイナルファンタジー7のミッドガルのようでした。

『ブレードランナー』のほうが先なのでFFの方が影響受けてるのかも。

『2049』は82年の『ブレードランナー』の続編

『ブレードランナー2049』は前作の続きでなので予め、前作を見ておく必要があります。さすがに知識ゼロだと2049見てもよくわからないと思われます。

バージョンが5つもある…どれを見たらいいの?

僕も今回初めて見たんですけど、今から『ブレードランナー』を初視聴する場合は一番新しい「ファイナルカット」でOKです。「ファイナルカット」はリドリー・スコット監督が再編集を加えた最新版で映像も綺麗になり暗くて不鮮明だったシーンがよりクリアになっています。

登場人物

デッカード( ハリソン・フォード)

ベテランのブレードランナー。人間とレプリカントを見分けるのが得意。銃の腕前も確か。なんと「ブレードランナー2049」でも登場。ハリソン・フォード、70代半ばで頑張るなあ。

レイチェル(ショーン・ヤング)

本作のヒロイン。レプリカントを製造しているタイレル社の秘書。初登場シーンでは無表情でタバコをモクモクとふかし、黒柳徹子みたいな髪型(リーゼント)でヒロインとしては微妙だと思ったけど、

あるシーンからめっちゃ美人に演出されてました。(元々お顔は美形ですが)とある感情に目覚めたレイチェル可愛すぎる。

ロイ・バッティ(ルドガー・ハウアー)

戦闘能力の高い反逆レプリたちの首領。ぬるりと笑う不気味な笑顔の悪役だが、ユーモラスで人間味があって憎めない男。映画終盤でいちばん楽しそうだった人。

ネタバレ感想:心が痛くなる映画

必至に生きようとしたレプリたち

見てると心が痛くなる映画でした。デッカードに命令を下した元上司の警察官はレプリカント“4匹”を処分”しろと言ってましたが、

人造人間レプリカントは機械の体を持つサイボーグじゃありません。感情がない以外は生身の人間と違いはない。

宇宙での過酷な労働用に作られたレプリは、最初は感情を持っていないが製造されて数年立つと感情が芽生えるという設定。

感情(自由な意思)を持ったレプリは奴隷のような労働に耐えかねて生きるために地球へ潜伏した。レプリには反乱を想定して4年の寿命が設定してあるため命が尽きる前に

自分たちを製造したタイレル社の社長に会って、生き延びる方法を探ろうと必死だっただけなんですよね…。

どちらが悪役?後味の悪いバトル

反乱レプリたちが地球行きのスペースシャトルを奪うため乗員を全員殺したのはかなり過激な行動ですが、奴隷である彼らが地球へ来るには強行手段に出るしかなかったのかも。

残された命が尽きる前に必死に生きようとしていたレプリたちを容赦なくぶちころがすのが主人公である特捜デッカード。レプリたちはみんな獣のように強かったので肉体の強さでレプリに劣るデッカードも必死でしたが

半裸で逃げ惑う女を射殺したりパンツ一丁で丸腰の男を鉄パイプで思い切りブン殴ったりして、レプリを倒しても全然爽快感がない…。

仲間の警官に「お見事でした」と言われて残るのはやりきれない気持ち。これではどっちが善で悪かわからないなぁ~。

「HA!HA!HA!」ロイ・バッティ最期の大暴れ

父であるタイレル社の社長から、

延命する方法はない

と残酷な事実を告げられるロイ・バティ。絶望した彼は社長の頭を両手で圧迫して殺害。お前、何も殺さなくても…

このシーンは目を覆います。『ブレードランナー』はレプリの境遇が酷くてメンタルに刺さって痛いのと、暴力シーンが痛々しいで、二重にダメージを食らいます。

恋人であるプリスをデッカードに殺されたロイ・バッティ。すべてを失った彼が臨んだデッカードとのラストバトルですが、

悲壮感一杯の復讐鬼になってるかと思いきや逆にだデッカードと戦うのが楽しそうでした。まるでスポーツの試合でも楽しむかのように、ハイテンションではっちゃけてました。だってパンツ一丁だし。

結局武装して不意打ちも仕掛けたデッカードは超人ロイには全く歯が立たず、むしろビルから落下寸前で助けてもらって、最期はロイの寿命が尽きて戦いの幕が閉じるという…ラスボス勝ち逃げ展開が好きです。

ロイが自らの死を悟り命が尽きたとき彼が抱いていた白い鳥がビルの上空高く飛び去っていくシーンが綺麗で心に残ります。

死ぬ間際、デッカードとの戦いを子供のように楽しんでいたロイの心もまた自由に羽ばたいていたんでしょう。

参考:ブレードランナー2049予告

「2049」に至るまでの経過を描く短編映画3本

ブレードランナーの舞台である2019年から「2049」までの30年間に何があったのか、公式の短編映画が公開されています。

こちらも視聴したら記事を投稿予定です。

ブレードランナー ブラックアウト 2022(アニメ)

ブレードランナー2036 Nexus Dawn

ブレードランナー2048

No tags for this post.