愛梨再び『僕だけがいない街』第四話~第六話 レビュー

『僕だけがいない街』第四話~第六話の感想です。二人目のヒロインの愛梨ちゃん再登場です!

元気な女子高生の愛梨
『僕だけがいない街』オープニングより引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

スポンサーリンク

第四話【達成】

昭和63年2月24日。教室で思案する悟。雛月が失踪したのは3月1日の夜6時前後、
この時間帯に彼女を連れ出す。そして翌日の誕生日パーティを雛月と迎える。

同じ時間をループしている?

2月27日土曜日。土曜は母親が雛月を虐待する日。母親の暴力から遠ざけるため、
加代を科学館に誘う。「お母さんがダメだって言う」と加代。悟はヤンママの説得を試みるが相手にされない。ヤンママの「加代、あんたも行きたいの?」という問いにハッキリと頷く雛月ちゃん。

これに目を血走らせたヤンママは雛月を叩こうとするが、悟の母が割って入り腕を掴んで阻止。悟と雛月を見かけた佐知子は気になって尾行。虐待の事情を即座に察したようだ。カーチャン有能すぎ!

雛月を連す出す事に成功した悟。加代が話す。「今日はさそってくれてありがと」
「漫画描こうって人は、こういうところ来たがるもんなの?」

デジャヴ。1週目”の悟は偶然ここで雛月と会い、全く同じ会話をしていた。未来を変えるつもりが、知らぬ間に同じ時のレールに乗っている?

スクリーンショット(2016-02-01 10.40.19)悟が頑張っても“確定”した未来は変わらない?
『僕だけがいない街』第四話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

2話でも歴史を繰り返している描写がありました。アイスホッケー部の浜田君と
スケート勝負でワザと手を抜いて負けた悟。ここでも知らぬ間に過去と同じ
行動を取っていた。これは…嫌な予感しかしない…。

でも、悟が雛月と親しくなったことで、18年前とは変わった事だってたくさある。
そんな事を考えいると、ケンヤたち4人が遅れて科学館にやってくる。これは
“一周目”にはなかった出来事だ。「ほら、変わった!」

スクリーンショット(2016-02-02 10.12.39)未来は変えられる。彼らが悟に勇気を与えてくれたかのような、いいシーン。
『僕だけがいない街』第四話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

歴史を変えた?

とうとう雛月が殺された“Xデー”が訪れる。悟は学校の帰りに加代を児童館に誘う。オセロをして18時半くらいまで時間を潰す。「また私の勝ち」「つよっ!」
小学5年生にオセロで連敗する29歳ってw

雛月が失踪した時間帯は無事に過ぎた。彼女を家まで送る。
「やった!俺は歴史を変えたぞ!」と喜ぶ悟。うーん…もしあの母親が犯人なら
家にいても危険なんだが。その可能性は考えてなかったのか悟さん。

スクリーンショット(2016-02-02 9.27.56)
雛月母が悟を見る。その瞳は狂気を宿しているかのように赤い。
『僕だけがいない街』第四話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

3月2日。一刻も早く雛月の顔が見たい悟は早朝6時前に家を出発。大急ぎで彼女
の家に迎えに行く。パジャマ姿で出迎える加代。「おはよ!」「ばかなの?」

悟と雛月の誕生日パーティ。2人は5000円分のサンドイッチの材料を買って、悟の家に向かう。18年前も5000円全部使ってサンドイッチを作ったな
そんなことを思い出す。おい悟さん、また繰り返してるぞ…(震え声)

誕生会の後、雛月を家まで送る悟。片付けはやっとくから雛月を送って来いよ!
と気を使う友人たち。皆いいやつらすぎだよ。小学生とは思えぬ空気の読み方。

「藤沼とみんなと、友達になれてよかった」悟から貰ったプレゼントの手袋を
付けて喜ぶ雛月ちゃん。悟へのプレゼントが間に合わなかった加代は、
明日必ずプレゼント渡すね。“約束”と言う。悟も「うん。“約束”
そう返事をして
別れる。あああ…約束はヤバいよ…。それ守れないよ!

スクリーンショット(2016-02-02 9.16.40)加代にとって友達ができた最高の誕生日だったが…
『僕だけがいない街』第四話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

第五話【逃走】

翌朝。遅刻ギリギリで登校した悟は、担任の八代が発した言葉に驚愕する。
「来てないのは加代だけか」雛月の席。そこに彼女はいなかった…。
歴史を繰り返してる描写入れまくりだったので、予想がついてしまいますね。
やっぱり雛月はもう…。

昭和63年3月3日。雛月が学校にきていない。加代は誕生日プレゼントを今日渡すと言っていた。徹夜で何か作っていて遅刻した可能性も…?

悪夢の雛祭り

悟は、雛月の家の呼び鈴を鳴らすが反応がない。カーテンを締め居留守を使う
雛月母と同棲男。カメラには雛月の遺体が写る。状況だけで言えば犯人は雛月母と同棲男。ただ、神の視点だと担任の八代。明確な証拠はまだないが、演出で怪しい感じにされている。

雛月の行方がわからず公園で途方に暮れる悟。
「ごーにんばやしの ふえたいこー きょうーは たのしい ひなまつりー♪」
そんな、子供たちの楽しそうな歌声が聞こえてくる皮肉。悟の頬を伝う涙。

スクリーンショット(2016-02-07 9.47.13)

“Xデー”を乗り切っても雛月は助けられなかった。
『僕だけがいない街』第五話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

BACK TO THE FUTURE

雛月失踪から10日。雛月母がゴミ出しする様子を見かけた悟。そのゴミ袋には
加代が悟の為に編んでいたと思われる手袋が…。それを乱暴にゴミ置き場に
投げ捨てるヤンママ。「してやったぞ」という顔をしているぞこいつ。

加代の言葉を思い出す「プレゼント明日渡すね 約束!」絶叫してその場から
走り出す悟。ゴミ袋をついばむカラスが恐い。死んだ雛月を貶めるようなエグい
演出。そして…悟の慟哭に同期するかのように、彼の意識は時間を跳躍する。

スクリーンショット(2016-02-07 9.50.46)

母と雛月の救出に失敗した悟。更に殺人犯として追われるという過酷な現実。
『僕だけがいない街』第五話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

「ここは…?」ゴミ置き場のガラスに映った自分の姿は成人。
手には血がべっとりと付着している。夜の街に鳴り響くパトカーのサイレン。
2006年。1話でカーチャンが刺殺された直後に戻されたのだ。

物陰から自宅アパートを見ると、容疑者として警察に追わている事がわかった。
橋の下で身を隠す悟。逃げずに警察に事情を説明すればいいと思いますが、
自分が逮捕されたら真犯人を追えないと思ったんでしょうか?

何せ相手は18年間も誘拐殺人を繰り返しても、容疑者にすらなってない
相当な知能犯。警察が解決できるとは限らない。悟がスケープゴートの殺人犯に
仕立て上げられたのは、ホシの仕組んだシナリオでしょう。

愛梨再び

翌日、バイト先の店長から電話。自宅へ招待され夕飯を振る舞ってもらうが…。
部屋に飾ってある『最期の晩餐』の絵が写る演出。店長は警察を手引きしていた。

「くっそ野郎!!」と心の中で愚痴りつつ、店長宅の塀をよじ上り路地に転げ落ちる
悟。道路に投げ出された彼のケータイを拾った人物が口にする。「バカなの?」
一瞬、未来の雛月かと思いましたが、彼女は死亡している。そこに居たのは、
元気印の女子高生、片桐愛梨だった。

スクリーンショット(2016-02-07 9.51.59)

もう一人のヒロイン愛梨。第一話以来の再登場。
『僕だけがいない街』第五話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

悟の逃亡を助ける為に現れた愛梨。タイミング良すぎてちょっと変に思ったけど
彼女が敵ってことは無いでしょう。愛梨の家でかくまってもらい身を隠す悟。
彼女の部屋には雛月の事件が載っている雑誌があった。

記事を見ると、18年前の連続誘拐事件は改変されていた。“1週目”は雛月失踪の
“Xデー”は3月1日だったが、悟の過去への介入によって3月3日に遅れていた
雛月救出に失敗したものの、過去改変は可能であると確信する悟。

スクリーンショット(2016-02-07 9.58.51)バイト上がりに明るく店長に挨拶をする愛梨。その性格は雛月とは対照的。
『僕だけがいない街』第五話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

狙われた愛梨

悟のバイト先。店長とスーツを来た初老の男性が話している。西園“先生”
呼ばれる男は胸ポケットのバッジから市議会の議員とわかる。
顔は写らないが、

この声……老けた印象に演技を変えてるが、こいつは担任の八代だろ!

随分と偉くなったな“先生”1話で悟の母を刺殺したのは八代で、雛月たちの
誘拐殺人犯も八代っぽいなあ。それにしても、老獪なボイスから漂う静かなる
迫力…。何というラスボス感

スクリーンショット(2016-02-07 9.45.40)

暗転するヒロインズの背後にいるのは、2006年の八代学と思われる。
『僕だけがいない街』OPより引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

バイト先の店長に通報されそうになった悟は愛梨の家を出て、再び橋の下へ。
愛梨が悟の着替えを取りに家に戻る。部屋で荷造りをしていると、メールの着信。

スクリーンショット(2016-02-07 9.43.01)

送信者は『藤沼佐知子の携帯』愛梨に謎のメールが着信。
『僕だけがいない街』OPより引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

不可解なメールが届いた直後        
ドアの隙間から煙が。扉を開けると一気に多量の煙が部屋に侵入。家中が
火災に包まれ、窓ガラスが一斉に割れる!煙を吸い込み、廊下に倒れ込む愛梨

急展開に次ぐ急展開!うおーい!今度は愛梨まで死んじゃうの!?

第六話【死神】

燃え盛る愛梨の下宿先の家。彼女は悟と店長の勇敢な行動で助け出されたが、悟は放火の罪まで着せられてしまう。「俺が捕まるのが先か、ヤツを見つけるのが先か!」悟は真犯人の正体を突き止めるべく行動を開始する!

スクリーンショット(2016-04-04 14.01.32)真犯人の放火によって爆発炎上に巻き込まれる愛梨。
『僕だけがいない街』第六話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

「“真犯人”…わかっちゃった」Byカーチャン

そんなさらっと…。やっぱり佐知子さん(悟の母)は真犯人に気がついたから
消されたのか…。第一話、スーパーの駐車場で子供を誘拐しようとしてた男が
全ての黒幕で、雛月の誘拐殺人も佐知子を殺したのも同一犯のようです。

その声で言われるとすげえ説得力があるな…。コ◯ンにしか聞こえないw
1話で佐知子が電話をかけていた相手は元同僚のルポライター澤田だった。
母は澤田に真犯人の名前を教える前に殺されてしまうが、演出でバレバレですね。

佐知子が殺された時、アパートの玄関に落ちていたメモ切れ。これに記された
携帯番号に連絡を取り澤田と会うことに。澤田のおじさんが持っていた、18年前
の事件の警察の“容疑者リスト”

その中には佐知子の名前もあったが、肝心の真犯人の名前がないですね。西園も
八代もない。黒幕は容疑者にすら挙ってないという事でしょうか。

スクリーンショット(2016-02-17 10.53.06)愛梨は西園が怪しいというが、その名はリストに記されていなかった。
『僕だけがいない街』第六話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

“死神”

死神は西園か悟か、あるいは両者を指しているのか、意味深なサブタイトル。
普通は連続誘拐殺人の黒幕っぽい西園だと思いますけど、橋の下で愛梨と悟の
会話シーンで、「正しい事をしているつもりなのに、自分が関わると他人が傷ついてしまう。」と話す悟。それを聞いた彼女は「愛梨は傷ついてないし」と返す。

 

しかし悟の語りの直後、川に浮かぶ紙飛行機が写る演出。これは先ほど悟が会った
子供が飛ばしたもの。悟が羽に折り目を入れて揚力を付けたので高く飛んだが、
そのために見失ってしまい川に流されてきたようだ。

彼が善かれと思ってやったことが裏目に出ている事の暗示でしょうか。
2人がいい雰囲気になると、スタンバっていた県警が姿を表す。
おい、空気読めよ!犯人を突き止める前にあっさり逮捕されてしまう悟。

スクリーンショット(2016-02-17 12.33.53)悟に「君に会えてよかった」と言われて照れる愛梨。
『僕だけがいない街』第六話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

“真犯人”現る!?

大胆にも逮捕現場に居合せる、赤い眼をしたシルクハットの男。男は、被疑者としてパトカーに連行される悟を見物しながら口元を歪める。西園…いや八代!
悟はお前の教え子だろうが。

スクリーンショット(2016-02-17 11.06.11)いけしゃあしゃあと悟の逮捕現場を見物する怪しい男。
『僕だけがいない街』第六話より引用
©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

悟さん逮捕で詰み…。と思いきや画面がモノクロになり時間が止まったような
演出。逮捕現場の上空に、“青く光る蝶”が出現!次週“リバイバル”確定ですね。
時空を越えないと補足出来ない犯人って、相当手強いですね。流石ラスボス。

第七話『暴走』に続く。暴走…とは穏やかじゃないサブタイトルです。
過去に戻った悟さんが雛月を助ける為に無茶な行動に出るんでしょうか?